そけいヘルニア-小児・犬のソケイ ヘルニア
そけいヘルニア-小児・犬のソケイ ヘルニア

そけいヘルニアとは?

そけいヘルニアとは?

 

そけいヘルニアって、よく聞く病気ですよね。


子供の頃は、ちょっと恥ずかしくって、そけいヘルニアってなかなかいえなかったりしましたが、赤ちゃんのころ、そけいヘルニアの手術を受けた人も多いようですね。


ヘルニアっていうのは、体の構造に異常が生じて、体の中のものが外に飛び出してくる状態のことをいうようです。


飛び出したものが、体の表面などに膨らんで現れるため、自分でわかるようです。


この状態が、股の付け根あたりに生じると、そけいヘルニアになるようです。


人間が2足歩行することで、最も力や圧力がかかる部分がそけい部で、大人のそけいヘルニアは、お腹の筋肉などの弱い部分で、腹壁が外に飛び出すことで起こるようです。


子供のそけいヘルニアは、生まれつきや先天的なものが原因と考えられています。


お腹の中の臓器である、胃や大腸に付着する脂肪組織や小腸、大腸が飛び出すことが多く、その昔、そけいヘルニアは脱腸といわれていたようです。