そけいヘルニア-小児・犬のソケイ ヘルニア
そけいヘルニア-小児・犬のソケイ ヘルニア

そけいヘルニアは・・・

そけいヘルニアは・・・

 

そけいヘルニアと診断されたら、手術が必要のようです。


そけいヘルニアは、時間とともに治る病気ではないようです。


手術は、飛び出ているヘルニア部分を処理することと、ヘルニアが飛び出す部分を閉鎖することになるようです。


小児そけいヘルニアの場合は、先天的な原因が多いので、ヘルニアとして出ている部分を根元で結び、閉じてしまう手術のようです。


手術には、全身麻酔が必要なので、手術を受ける時期は、麻酔の専門医がいる施設なら、生後3カ月ぐらいから可能のようです。


大人のそけいヘルニアの場合は、先天的なものを引きずってのそけいヘルニアであれば、子供のそけいヘルニアの手術と同じようになります。


後天的なそけいヘルニアの場合は、そけい部の弱さが原因で生じる場合が多いので、人工物を使って、ヘルニアの出口を閉鎖し、周囲を補強する手術方法が一般的のようです。


大人のそけいヘルニアの手術は、下半身麻酔で行われていますが、日帰り手術などが可能な場合は、局所麻酔で行われることが多くなってきているようです。


そけいヘルニアは、再発がゼロではないようです。


再発の場合は、再手術となるので、経験のある医師に相談したほうがよいようです。